事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

CSRアプローチ

電通は2013年3月に英国Aegisグループを買収し、Dentsu Aegis Network(DAN)を設立しました。DANはグローバルなネットワーク・ブランドを中心に、全世界(140カ国・地域以上)でコミュニケーションビジネスを展開しています。

DANでは、旧Aegis Mediaが2010年に発表した中期CSR計画「Future Proof」のもと、2015年をターゲットとした意欲的な目標を掲げています。


「FutureProof」5つの重点領域と2015年に向けての目標

環境保全

業務において排出される二酸化炭素を20%削減します。


コミュニティ

従業員の総労働時間の1%をコミュニティ活動に充当します。


マーケット・プレイス

90%の従業員に、日々の業務で「Future Proof」が意味することを理解できるようにします。


職場環境

業界で最も働きやすい職場を作るために、従業員の90%を関与させます。


コーポレートガバナンス

年次CSR報告でGRI A+を取得します。


CSR Steering Group

DANのCSR戦略は、グローバル機能部門のリーダーとブランド代表者からなるCSR Steering Groupによって設定され、CSR目標を設定して企業戦略に沿ったものとすることにも責任を負っています。Steering Groupの代表はDAN Americas&EME AのCEOであるNigel Morrisで、グローバルCSRチームによる「Future Proof」の実施・進捗状況の監視も担当しています。


グローバルCSRチーム

ロンドンのグローバルCSRチームは、現在3人の専任担当者から構成されており、「Future Proof」の実施、CSRキャンペーンおよびプログラムの効果測定、報告、管理を実施して、CSR全般に関するグローバル方針への遵守も範疇にしています。グローバルCSRチームは、CSR Championsおよびステークホルダーとの社内外におけるコミュニケーションおよび連携を管理し、CSRに関連するリスクと機会を定期的に評価します。こうした情報は、全社的なリスク委員会に報告されています。


CSR Champions(CSR推進委員)

グローバルCSRチームは、300人を超える各地のCSR Championsのネットワークと定期的に連携を取り、世界中のすべてのオフィスで「Future Proof」キャンペーンおよびプログラムを実施しています。CSR Championsは、事業部門か管理部門かを問わず、兼務でさまざまな部門に配置されています。キャンペーンおよびプログラムは それぞれのCSR Championsの裁量に任されますが、オフィス、ブランド、現地の文化などに関連性のある特定の課題やパートナーシップの追求が期待されています。

デリバリー・モデル

DANでは「Future Proof」の一環で、革新的なCSRデリバリー・モデルを開発しています、

  1. ソーシャルメディアを使ったグローバルな意識向上キャンペーンにより、若年層デジタルオーディエンスのCSR課題への意識を高める
  2. デジタル技術を活用したグローバルアクションプログラムにより、グローバルネットワークで持続可能な行動を可能にする
  3. CSRを、テクノロジー、人事、財務、法務、広報などのグローバル機能部門に組み込み、日常業務に浸透させる
  4. 「Future Proof」のアジェンダに沿った地域的に意義ある活動を実践するため、CSR Championsを任命する

ステークホルダー・コメント

グローバル・エージェンシーとして、CSR活動をなぜ重視しているのですか?

ある程度の影響力を持ち、健康を享受できる人は、恵まれています。恵まれない人々が大勢いるということを忘れて過ごすのは、おそらく簡単なことでしょう。もちろん、何らかの恩返しをしたいと思うかどうかは、個人が自分の意志で決定するべきことです。しかし、私たちの事業はいずれも、地域社会、国内市場、グローバル市場で展開されています。それらのコミュニティが私たちを支えてくれている、つまり、業務に必要な人員、顧客、資源を提供してくれているのだから、私たちもコミュニティを支えなければなりません。

チームとして共に働き、選び抜かれたプログラムに重点を置いて力を合わせることで、私たちを取り巻く社会に良い影響をもたらすことができるのです。私たちには、多彩な才能と能力があります。その能力のほんの一部、わずかな割合の時間でも、社会的課題の解決を助けるために当てることができれば、良い影響が生まれます。DANでは責任を重んじています。それは、自分たちの価値観に従って生きるためのひとつの方法です。それにより、会社の評価を高め、私たちと同じ価値観を持つ新たな顧客と人員を引き付けることによって好循環を生み出すことができると考えています。


「Future Proof」への取り組みについての思いを教えてください。

私の取り組みが、会社にとってのCSR活動の重要性を世界中の同僚たちに認識してもらう手助けとなり、それぞれがより深く関わり、もう少し時間と労力を投じることに繋がるなら、とてもいいことだと思います。


2015年の抱負は?

2014年は、アジア太平洋事業に関わっている全員が、実に多大な努力を傾け、CSR活動を支えるために大きな熱意と献身を示してくれたので、2015年は活動を広げるしっかりとした基盤があります。私たちの願いは、この努力を単発ではなく継続的かつサステナブルな活動に発展させることです。

Nick Walters
DAN アジア太平洋CEO
2014年「Future
Proof Awards」
マネジメント部門受
賞者

スマートフォンサイト

ページTOPへ