事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

グローバルスタンダードに沿った
CSR活動を目指して

電通は「電通グループ行動憲章」に代表されるように「ISO26000」が取り扱う社会的責任の「7つの中核主題」を意識したCSR活動を推進するとともに、2009年12月には国連グローバル・コンパクトに参加し、人権、労働、環境、腐敗防止からなる10原則を支持、「CSRレポート」の提出を通じて10原則の実現に向けての年次活動報告(COP:Communicationon Progress)を行っています。


◆ ISO26000・国連GCに対応した2014年度の主な取り組み

ISO26000の7つの中核主題および国連グローバル・コンパクトの10原則に対応した2014年度の主な取り組みは以下の通りです。

国連GC
10原則
ISO26000
7つの中核主題
主な取り組み
組織統治 「電通グループ行動憲章」の順守
電通のコーポレートガバナンス推進体制
内部統制システム(金融商品取引法/会社法対応)の適正な運用
重要リスク管理(リスク見直し→対応計画策定/実施→モニタリング)の実施
株主・投資家との適切かつ密接なコミュニケーション
人権
(原則1,2)
人権 【人権教育活動】社員への人権啓発活動の実施(階層別/職域別研修、人権College など)各種人権関連コミュニケーション活動(人権スローガン募集、人権ポスター制作など)
ハラスメント相談窓口「ハラスメント相談課」の設置およびガイドブックの制作、社員教育/研修の実施
労働基準
(原則3~6)
労働慣行 ワーク・ライフ・バランスの推進・健康管理体制の整備・積極的な休暇取得の推進
人材を生かす職場環境整備(ダイバーシティーの尊重、子育て両立制度、定年後の再雇用など)
社員の能力開発推進(研修/セミナーの実施)
海外における職場環境整備(Wellbeing、Route to Good など)
環境
(原則7~9)
環境 環境方針の設定、「電通グループエコプログラム」の導入、エコファーストの約束への取り組み、環境意識の啓発活動(電通グループ エコ大賞、環境スローガン/環境ポスター、グリーンウォッシュガイドなど)、DAN による海外での環境活動「30 Days of Green」など
腐敗防止
(原則10)
公正な
事業慣行
【電通および電通グループ会社におけるコンプライアンス推進】「コンプライアンスホームページ」などによる社員周知と意識の醸成、コンプライアンス研修の実施、社内報告提案制度「コンプライアンスライン」の運用、DANの「SpeakUp!」など
「電通グループ行動憲章」制定にともなうCSR 調達基本方針・ガイドラインの内容改定/パートナーホットラインの継続運用
事業活動における法令および各種権利の尊重
情報セキュリティ管理体制の整備
消費者課題 サステナビリティ・マーケティング(電通ダイバーシティーラボの活動)
【行政との取り組み】「スマート・ライフ・プロジェクト」の推進、「フード・アクション・ニッポン」事業への取り組み
海外における「マーケット・プレイス」活動(Media for Good など)
コミュニティ
への参画
および発展
(社会貢献活動)
【東日本大震災への各種復興支援活動】津波防災アクション「カケアガレ!日本」、「東北六魂祭」運営協力、福島県の復興に向けた各種支援事業など
【各種社会貢献活動】広告小学校、中国の広告人材育成への支援、DAN による海外での各種活動(Volunteer Challenge、GlobalGivingTIME、1000Cranes)など

スマートフォンサイト

ページTOPへ