ESG

SDGsへの貢献

2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」において、人間、地球および繁栄のための行動計画として17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」が掲げられました。SDGsでは全世界が達成に向けて取り組んでおり、企業の主体的な関与が期待されています。
コミュニケーション領域で多様な価値を提供してきた電通グループでは先見性を持ち、常にその先の未来を見据え、グローバルな社会課題の解決に貢献していきます。

Sustainable Development Goals

Common Ground

電通グループは、世界の大手広告5グループ(Havas、IPG、Omnicom、Publicis、WPP)とともに、グローバルに取り組む画期的なイニシアチブ「Common Ground」(共通の立場)に参加しています。これは2015年9月に国連総会で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)について、国連事務総長からの呼びかけに応じて、特定テーマの達成に向けて協力していく取り組みです。
電通グループは「Goal3:Health」にフィーチャーして、マラリアや結核などのグローバルな感染症対策にNGOとともに取り組んでいます。

  • Common Ground
  • Zero Malaria2030
  • malaria NOMORE
  • Stop TB Partnership

電通グループとSDGsの関わり

当社グループは中長期的にメガトレンドを見据え、直面するグローバル課題の解決に向けて様々な活動に取り組んでいます。本業であるマーケティング・コミュニケーション領域を軸に、SDGsの達成に貢献していきます。

メガトレンド
富の再配分
グローバル課題
貧富の差 /
収入の二極化拡大

SDGsへの
貢献

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに

事業活動を展開する地球規模でのコミュニティの発展

電通グループは140以上の国・地域で事業展開しています。事業を行っていくうえで、地球規模でのコミュニティの発展への貢献は当社グループの責任と捉えています。貧困問題、収入格差、さまざまな地域レベルでの課題に対し、アスピレーションと強い行動力を持って、様々なプロジェクトに取り組んでいます。クリエーティビティを発揮した広告により、貧困や飢餓などの問題撲滅に関して全世界に対してメッセージを発信し、また世界5万人を超える従業員によるコミュニティ活動により、コミュニティ発展に寄与しています。

メガトレンド
人口動態変化
グローバル課題
マイノリティ /
超高齢化

SDGsへの
貢献

  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • つくる責任 つかう責任

消費者の行動様式の変化、生活者ニーズの多様化

グローバルに人口増加が継続しており、人口構造の変化が起きています。多くの国々で多様性が生まれ、各国内でのマイノリティの比率が高まっています。移民やLGBT、多様な文化を受け入れる社会づくりが重要となってきます。電通グループとして、消費者の行動様式の変化、生活者ニーズの多様化にあわせて、広告を中心とするマーケティング・コミュニケーションの力を発揮し、消費者の意識啓発、行動喚起を通じて、誰もが安心して暮らせる社会形成に大きく貢献していきます。

メガトレンド
デジタライゼーション
グローバル課題
デジタル依存

SDGsへの
貢献

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

クライアントのマーケティング活動におけるデジタルシフト

デジタルテクノロジーの進化が消費者の行動を大きく変化させています。クライアントのマーケティング活動に、当社グループは、大きな力を発揮、AI、ビッグデータ分析、Eコマース支援など、さまざまなアイデアや技術を組み合わせた最適なソリューションを提供します。一方、若者を中心としたソーシャルメディアなどのデジタル依存などの社会課題が顕著になってきました。デジタライゼーションを促進する一端を担う当社グループは、この問題に対しても、中期CSR計画の「責任あるマーケティング・コミュニケーション」の枠組みの中で、課題解決に取り組んでいきます。

© 2017 DENTSU INC. ALL RIGHTS RESERVED.