事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

SBTイニシアチブ

電通のGHG削減目標が「SBTイニシアチブ」の認定を取得

電通が設定したGHG(温室効果ガス)削減目標が、「パリ協定」の「2℃目標」を達成するために科学的に根拠ある水準であると認められ、国際的なイニシアチブである「SBT(Science Based Targets)イニシアチブ」から2017年8月にSBTとしての認定を取得しました。

「SBTイニシアチブ」は、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるための科学的根拠に基づいたGHGの排出削減目標達成を推進することを目的として、CDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)の4団体が2015年に共同で設立したものです。

2015年に採択されたパリ協定では、世界が長期的視点に立って地球温暖化対策の重要性を再認識し、脱炭素社会の実現に向けて動き始めました。電通は、2015年12月に設定した中期CSR計画に基づき、パリ協定を踏まえて、長期目標を見直したなかで制定したGHG削減目標がSBTとして認定されました。

今回承認されたGHG削減目標は、2030年までに2014年比で、Scope1※1とScope2※2の合計を24%、Scope3※3については、2015年比で2050年までに従業員一人当たりの出張に関する排出量を25%削減するものです。

この新たに設定された目標の達成に向けて、より一層のエネルギーの効率的利用や再生可能エネルギーの導入など、積極的な施策を打ち出していきます。

※1:自社で化石燃料を消費し、その時に排出されるGHG排出量
※2:自社が購入した熱・電力の使用に伴うGHG排出量
※3:企業活動のサプライチェーンの排出量(GHGスコープ1,2を除く)


関連リンク

スマートフォンサイト

ページTOPへ