事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

人材を生かす職場環境

コミュニケーション領域でアイデアを売りにする電通にとって、最大の財産は「人材」です。そのため、さまざまな可能性を秘めた人材の採用から、社員が活躍できる職場環境を整備するための人事制度を導入しています。

女性の活躍推進

電通は女性社員のキャリア形成のための育成・成長支援を積極的に行い、社の戦力を最大化するために、 次のように行動計画を策定しています。

行動計画の概要

■計画期間:2015年1月1日~ 2019年12月31日

■課題

  1. 男女の継続勤務年数に大きな差は見られないが、過去の採用比率に男女差があるため、全体に占める女性社員の割合が低い。
  2. 仕事と育児を両立しながら、より高いキャリアを形成していく意欲を醸成する必要がある。
  3. 会社全体でより生産性の高い働き方を実現していく必要がある。

■目標

  1. 新卒採用者(正社員)に占める女性割合を、35%以上とする。
  2. 管理職に占める女性割合を2020年までに、10%以上とする。

■具体的な取組

  1. 女性の積極採用に向けた採用広報施策および選考の実施
  2. 管理職のマネジメント力強化
  3. 女性社員のキャリア意識醸成を目的とした施策の実施
  4. 制度・支援施策の見直しと社員への周知により、仕事と育児・介護の両立に対する不安を払拭
  5. 長時間労働を是正するため、生産性の高い働き方を促す「働き方リデザイン」活動を推進

ダイバーシティーの尊重

電通の手掛けるコミュニケーション領域の広がりとともに、国籍、学歴、性別、年齢を問わず、あらゆる人材を幅広く採用し、その能力を発揮できる環境整備に努めています。

また職種が多様なため、女性社員の視点や持ち味が生かせる職場も多く、生き生きと業務を行っています。2013年度には、女性社員の活躍を推進するためのプロジェクトも立ち上げました。

障がい者雇用については、2013年4月に障がい者雇用推進の一環として、100%出資のグループ会社「電通そらり」を設立し、11月には特例子会社として認定されました。障がい者雇用率は、グループ認定された3社(電通、電通ワークス、電通そらり)で2.04%(2016年6月)となっています。電通でも、営業やクリエーティブ部門などで活躍する社員も多く、電通そらりとともに、障がい者の雇用機会を一層拡大し、法定雇用率以上となるよう、積極的に取り組んでいます。


両立支援制度

子育てをする社員のための育児休業、育児勤務といった改正育児・介護休業法に対応した制度や、両立支援のための相談窓口を設けています。


定年後の再雇用

定年を迎えた社員も、「シニア社員」として65歳まで再雇用して、それまでの経験を生かした業務や後進育成の一役を担っています。


スマートフォンサイト

ページTOPへ