事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

5つの強み

  • 世界TOP5
  • 国内シェア25.3%
  • クリエーティブ力
  • 顧客ポートフォリオ
  • 強固な財務基盤

世界TOP5

電通グループは、2015年の売上総利益に基づく広告コミュニケーション産業のランキング(『アドバタイジング・エージ』誌発表)において世界5位となっています。 2013年3月に完了したイージス・グループ買収により、5位という順位こそ変わりませんが、4位のインターパブリックとの差はごくわずかとなりました。

国内主要企業や主要外資系企業など、多様な顧客企業と長期にわたる取引関係を維持するとともに、海外市場においても独自のサービス体制を整え、日本・米州・欧州・アジアにわたる強固なネットワークを構築しています。

1.WPP 2.オムニコム 3.ピュブリシス 4.インターパブリック 5.電通 6.アヴァス 7.イプシロン 8.博報堂DYホールディングス


日本の広告費に占める売上高比率、主要マスメディアでシェア第1位

電通は世界の広告市場の1割を占める日本市場で25.4%のシェアを確保し、第1位の売上高を保持しています。また、すべてのマスメディアでトップシェアを確保しており、強力なメディアの確保力が国内市場における電通の優位性を支える基盤となっています。

主要マスメディアの売上高比率


クリエーティブ力が国内外で高く評価

電通の豊かな構想力と緻密な構成力、そして表現力と説得力は国内外で高く評価されています。


多様な顧客ポートフォリオにより、経営基盤が安定

業種別売上(単体)では、「情報・通信」「飲料・嗜好品」「化粧品・トイレタリー」などを中心に、多様な顧客ポートフォリオを有することにより、安定的な収益基盤を確保しています。


強固な財務基盤を形成、格付けも好評価

電通グループは、1兆円を超える純資産を保有するとともに、長期借入金の圧縮などの財務基盤強化に取り組んでおり、その結果、格付投資情報センター(R&I)より長期格付けでAA-、短期格付けでは最上位のa-1+を取得しています。

スマートフォンサイト

ページTOPへ