事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

戦略PRの本質 実践のための5つの視点

戦略PRの本質 実践のための5つの視点

生活者に「自分ゴト化」を引き起こす「ストーリー」を構築し、広告を含む様々なコミュニケーション施策を融合させてその「ストーリー」を伝えることで、生活者の意識変化・態度変容・エンゲージメント(共感の構築・強化)を生み出す仕組み。
ここでのキーワードともいうべき「自分ゴト化」とは、インターネットの普及により出現した“情報氾濫”の中で、コミュニケーションのターゲットに対しそれまで“他人(ヒト)ごと”だと傍観していた情報を“自分に関連のある有益な情報”として認知・選択してもらうことを指します。そのためにターゲットに向けた「ストーリー」をテーマに合わせて構築し、これまでPRや広告で試みられてきた様々な手法をニュートラルな視点で選び、伝え(ストーリーテリング)、最終的には(消費財であれば)購買に結び付けていく、というのが「戦略PR」の視点です。
本書では、一見分かりづらい「戦略PR」を、国内外の豊富な事例をもとに分かりやすく解説しています。電通PRでは、本書が企業や官公庁、団体で広報やマーケティングに携わる方々の考えるヒントとなり、また広く「PR」に対する関心を高め、理解を深めていただく一助になればと考えています。

著 者 電通パブリックリレーションズ
井口理
定 価 1,200円+税
発売日 2013年6月7日
ISBNコード 978-4-02-100223-6
仕 様 四六判(ソフトカバー)・192頁
発行元 朝日新聞出版
□ 目次 □
第1章 「PR」の理想的なポジションとは?
第2章 世界のPRの潮流
第3章 日本におけるPRのトレンド
第4章 ソーシャル・メディアへの対処法
第5章 イマドキ「戦略PR」のススメ
第6章 明日をつくる「戦略PR」

スマートフォンサイト

ページTOPへ