電通と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 Fitbit デバイスを活用した企業対抗の歩数対決イベント「Step Challenge JAPAN」を開催

  • イベント・セミナー

PDF(1,150KB)

2019年5月10日


株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、社長:大場 康弘)はフィットネスウェアラブルデバイスFitbit*1から得られる従業員の活動量データを集約する「Fitbit Group Health」を活用し、日本初となる企業対抗型の歩数対決イベント「Step Challenge JAPAN」を2019年5月20日〜5月24日に開催します。
両社はフィットビット・ジャパン合同会社(本社:東京都渋谷区、カントリーゼネラルマネージャー:千川原 智康)の協力を得て、健康経営の一環として、Fitbit Group Healthを採用しています。*2 このたび、同じシステムを採用している2社ならではの取り組みとして、本イベントを開催する運びとなりました。期間中は、両社従業員の歩数データを同じ基準で比較し、前月同時期と比較した歩数の伸び率を競います。
   

また、当社は、顧客企業の健康経営を支援する「Fitbit Inner Activation Program」を開発しております。本イベント「Step Challenge JAPAN」はその一環として企業間の交流、コミュニティー形成を促進するものです。

※1 フィットビットは、フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、人々が目標に到達できるようにデータ、インスピレーション、ガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートしています。詳しくはhttps://www.fitbit.com/jp/homeをご覧ください。

※2 当社では、2017年11月よりFitbitの導入を開始し、これまでに約3,000名の社員にFitbit実機を配布、健康意識の改善に向けた施策を行っています。これまでに得られたデータからも、社員の運動習慣の増加や睡眠習慣に対する意識の向上、社内コミュニケーションの活性化に役立つことを実感しています。

以 上

このページに関するお問い合わせ先

株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
                   山口、渓 TEL:03-6216-8041
       

ページTOPへ