電通、中国教育部からTHE PARTNERSHIP OF EXCELLENCE FOR 2019(最優秀パートナーズ賞)を受賞

  • 受賞
  • 海外

PDF(211KB)

2020年1月23日

1月9日、中華人民共和国教育部(日本の文部科学省に相当)の主催による在中国グローバル企業を対象にした新春謝恩会が北京で行われ、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は「最優秀パートナーズ賞」を受賞しました。電通が実施している中国広告未来人材イノベーション協同プロジェクトに対する表彰で、6年連続での受賞になりました。

この表彰を兼ねた謝恩会において、田 学軍 教育部副部長(副大臣相当)は、自社の商品、サービス、ノウハウ等を活用し中国の教育や人材育成に特別な貢献をしたグローバル企業に感謝の意を表するとともに、今後への更なる期待を表明しました。今回は電通をはじめ30社(うち日系企業は2社)が招待され、中国政府から賞を贈られました。

ページTOPへ

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーについてをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。