広告小学校

広告小学校とは

CMづくりを通して、コミュニケーション力(伝え合う力)の基礎となる
「発想力」「判断力」「表現力」「グループによる課題解決能力」を培い、
汎用的学力の育成を目指す授業プログラムです。
電通がコミュニケーションを通じた社会貢献活動の一環として、
東京学芸大学と3年を掛けてカリキュラムを開発しました。

さらに
詳しく

親しみやすい
4つのプログラム

子どもたち自身に「伝えたいこと」や「伝え方」を考えてもらい、それを15秒のCM劇として表現してもらいます。授業を進めるのは、学校の先生。先生がすぐに授業を実施できるよう、DVD教材や学習指導案などの教材を無償で提供しています。

さらに
詳しく

実績

広告小学校は、これまでに378校、約5万6000人の子どもたちが体験しました。(2020年3月末現在)総合的な学習の時間、国語、社会、道徳、家庭科などで実施されています。

さらに
詳しく

教材のダウンロード

Coming Soon

ページの先頭へ