事業紹介
電通の事業をご紹介します。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

BRAND LIFT CHECKER

テレビCM、ネット動画広告のクリエーティブプランニングの高度化を図るサービスです。

「BRAND LIFT CHECKER®(ブランド・リフト・チェッカー)」は、電通のCMプランナーによるクリエーティブ観点からの181項目にわたるチェックとデータサイエンティストによる統計的な観点からの細部にわたる分析を融合し、視聴者の態度変容に効果的な動画広告の「要素」や「組み合わせ」を推奨してくれる「最も人のココロを動かす動画広告の制作サポート」を行うサービスです。
開発に当たっては、4,000件を超えるインターネット動画広告に加えて、2,000件のテレビCMについて電通のトップクリエーターが各態度変容項目に応じたパフォーマンス向上に有効な表現要素の検証を行いました。これにより、どのような「要素」やその「組み合わせ」がこれらのパフォーマンスの向上に効果的なのか、分析が可能になっています。
181項目の中には、「冒頭1秒以内にブランド名が出る」「著名人が出演している」といった自動的に機械で判別可能な項目に加え、「感動的」「かわいい」といったような人にしか判別できない項目も含まれています。

※BRAND LIFT CHECKER® は、“人”基点で電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Marketing®」サービスの一環となります。


AIによる、業種やターゲットのデモグラフィックごとのより細かい粒度のシミュレーション

AIによるモデリングを搭載しており、業種とデモグラフィックを掛け合わせた上で、動画クリエーティブ内の各要素がどのように態度変容へ影響するのかシミュレーションが可能です。
これにより制作した動画が、どの層のどのKPIをリフトする効果を持っているのかを可視化でき、ABテストを実施しながら精度を高めていく従来の手法を用いることなく、事前のより高精度な予測に基づき、クリエーティブ観点でテレビCM、ネット動画いずれのパフォーマンスもシミュレーションできるようになっています。

ブランドリフトチェッカー対象媒体と機能


関連リリース

2019年8月29日
電通と電通デジタル、データを活用したテレビCMのクリエーティブプランニング高度化を図るサービスを提供開始

2017年12月5日
電通と電通デジタル、クリエーティブ観点で、マスとデジタル媒体向け動画広告の最適化を実現するサービス「BRAND LIFT CHECKER」の提供開始


関連リンク


BRAND LIFT CHECKERに関するお問い合わせ
BRAND LIFT CHECKER事務局:brandliftchecker@dentsudigital.co.jp

スマートフォンサイト

ページTOPへ