事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

行政との取り組み

「スマート・ライフ・プロジェクト」の推進

厚生労働省は、「健康寿命をのばそう!」をスローガンに国民が人生最後まで元気で健康で楽しく送れることを目標とした国民運動「スマート・ライフ・プロジェクト」を推進しています。電通は、事務局としてプロジェクトの実施、運営を担っており、2,500近くの参画企業・団体への情報提供や、先駆的な取り組み事例の表彰制度「健康寿命をのばそう!アワード」のPRを通じて、国民全体の健康づくりを推進しています。プロジェクトテーマである「運動」「食生活」「禁煙」「健診・検診受診」について、各分野で活躍する著名人を「いきいき健康大使」「スマートライフ応援団」に任命し、国民へのさらなる啓発と推進を目指しています。大使と応援団はプロジェクトを通じて全国でさまざまなイベントに出演し、講演などで活躍しています。

「フード・アクション・ニッポン」への取り組み

電通は、2008年10月から食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」事業の戦略的統括業務(事務局)を担っています。2014年度は、食料自給率の現状や事業を紹介する広報活動をはじめ、表彰制度を用いたPR施策として「フード・アクション・ニッポン アワード 2014」や、国産食料品などにポイントを付与することで購買促進・消費拡大へとつなげる「こくポ」の運営・広報業務に取り組みました。数多くの食品・飲料メーカー、流通関係企業・団体、地域の道の駅など多様な団体と連携した活動を展開しています。

また高齢化を背景に、関心が高まる介護食品や健康食品をテーマとした「医福食農連携(事業)」を推進。国産食材を医療・介護のシーンで活用している企業や団体の優良事例を紹介するシンポジウムを全国で開催しました。

電通グループは食料自給率向上のため、今後も多様な市場を対象に国産食材の価値を高めて、具体的な消費拡大を促す数々のプロジエクトに取り組んでいきます。

スマートフォンサイト

ページTOPへ