事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

プレイス・ブランディング
“地域”から“場所”のブランディングへ

プレイス・ブランディング “地域”から“場所”のブランディングへ

人を魅了するプレイスは、いかにして生まれるのか?
地理学の場所理論とポートランド、瀬戸内、越後、南アルプスの事例研究が出会う、日本で初めての「プレイス・ブランディング」の本。

地域問題がますます深刻化していく2020年以後の日本において、「地域」視点ではなく、「プレイス」視点によるブランディングへの転換を提言する。
プレイスへの感性をどう磨くのか、プレイスのストーリーをどう紡ぐのか、プレイスをいかに自走させていくのか、そんなプレイス・ブランディングのヒントが詰まっている。

地域問題に悩む人から、地方で働きたいと考えている人、そして、まちを愛するすべての人にとっての、「ニュースタンダード・ブック」。

著 者 電通abic project 編
若林宏保、徳山美津恵、長尾雅信
定 価 2,200円+税
発売日 2018年4月28日
ISBNコード 978-4-641-16508-3
仕 様 四六判・316頁
発行元 有斐閣
□ 目次 □
第1部 理論編/THEORY
第1章 なぜプレイス・ブランディングが必要なのか
第2章 プレイスとは何か
第3章 プレイス・ブランディングのしくみ
第2部 事例編/CASE STUDIES
第4章 ポートランド:自分らしい生き方を求めて
第5章 瀬戸内:内海文化の共創
第6章 越後:和紙と育むムーブメント
第7章 南アルプス:世界に誇る「水の山」へ
第3部 実戦編/ACTION
第8章 マネジメントからディレクションへ
第9章 プレイスを求めて

スマートフォンサイト

ページTOPへ