事業紹介
電通の事業をご紹介します。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

電通とシンカ社、クライミング世界選手権を含む国際スポーツクライミング連盟(IFSC)主催大会の2019年~2023年までの全世界独占マーケティング権および一部放映権を共同取得

  • 経営・組織
  • IRニュース
  • 海外

PDF(239KB)

2019年3月12日

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)と株式会社シンカ※1(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:スージュン)は、国際スポーツクライミング連盟(以下「IFSC」)※2から、2019年から2023年の間に開催されるIFSC主催大会の全世界におけるマーケティング権および一部放映権(日本、アジア(中国および中東を除く)、オセアニア、中南米、カリブ)を共同取得しました。

スポーツクライミング※3は2020年の東京オリンピック・パラリンピックで新たに選ばれた追加競技であり、今後当社、シンカ社とIFSCはスポーツクライミングの更なる世界的な普及を目指し、マーケティングプログラムを開発していく予定です。


※1 株式会社シンカ(http://www.synca.jp/
2013年からIFSCの日本における放送権のセールスパートナーであり、2018年から共同で権利を取得。
※2 国際スポーツクライミング連盟(IFSC : International Federation of Sport Climbing)
2007年設立された、世界のスポーツクライミングに関する最高決定機関。イタリアのMarco Maria Scolaris氏が会長を務める。
※3 スポーツクライミング
ボルダリング・リード・スピードの3種目があり、2020年東京オリンピック・パラリンピックではこれら3つを束ねたコンバインドが競技として選ばれている。

以 上

スマートフォンサイト

ページTOPへ