歴史

1901年(明治34年)
光永星郎、日本広告株式会社を設立。4ヵ月後、電報通信社を併設。
1906年
電報通信社を改組し、株式会社日本電報通信社を設立。
1907年
日本電報通信社が日本広告株式会社を合併。通信・広告の併営となる。
1923年
社長制を導入。光永星郎専務が初代社長に就任。
1933年
本社新社屋(現・電通銀座ビル)完成。
1936年
「電聯合併」。通信部門を同盟通信社に移譲。広告専業となる。
1940年
光永眞三専務が第2代社長に就任。
1945年
上田碩三元常務が第3代社長に就任。
1947年
吉田秀雄常務が第4代社長に就任。
1955年
社名を株式会社電通(DENTSU ADVERTISING LIMITED)に変更。
1961年
米ヤング&ルビカム(Y&R)と提携調印。
1963年
吉田社長、死去。日比野恒次副社長が第5代社長に就任。
1967年
東京・築地に新本社社屋が完成。
1973年
中畑義愛副社長が第6代社長に就任。
1977年
田丸秀治専務が第7代社長に就任。
1978年
英文社名をDENTSU INCORPORATED(略称DENTSU INC.)に改称。
1985年
木暮剛平専務が第8代社長に就任。
1986年
新企業理念とスローガン「コミュニケーション・エクセレンス」を発表。
1993年
木暮社長が初代会長に、成田豊専務が第9代社長に就任
1996年
「日中広告教育交流プロジェクト」始まる。
2001年
創立100周年。東証第一部に上場。
2002年
ピュブリシス・グループに資本参加。
成田社長が第2代会長に、俣木盾夫副社長が第10代社長に就任。
経営ビジョン「価値創造パートナー」を発表。
東京・汐留に新社屋ビル完成。
2007年
俣木社長が第3代会長に、髙嶋達佳副社長が第11代社長に就任。
2009年
電通グループの新企業理念「Good Innovation.」を発表。
2010年
「電通デジタル・ホールディングス」を設立。
欧州・米州事業を管轄する「電通ネットワーク・ウエスト」を設置。
2011年
髙嶋社長が第4代会長に、石井直専務が第12代社長に就任。
2012年
「電通ネットワーク・ウエスト」を吸収統合した海外事業統括組織「電通ネットワーク」を設置。
2013年
英国の広告会社イージス・グループを買収。「電通イージス・ネットワーク社」を設立。
2014年
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が マーケティング専任代理店として電通を指名。
2017年
山本敏博常務が第13代社長に就任。

ページTOPへ