dentsu abic

works > 広島県

広島県 ひろしまブランド

 update:Apr.30,2015

広島県 ひろしまブランド

 abicにとって初めての「県」を単位とするブランディング事例である。
広島県が「行ってみたい」「住んでみたい」と国内外から選ばれる地域となるために、目指す姿をどのように規定するかという課題を受けた。

 広島県は、宮島や原爆ドームなど多くの資産があり、資産のイメージは強い地域であるが、住みやすさなどの「価値」に結び付く連想は弱いのが現状である。

 そこで、各地域の点の資産を棚卸し、それらを4つのコンセプト(目指す姿を方向づける複数のテーマ)に分類し、さらに4つのコンセプトがストーリーとして結びついたブランドステートメント(案)を規定した。そうしたプロセスをわかりやすくするために、イラストを用いたコンセプトブックを制作し、ひろしまブランドの将来像を共有化するためのツールを開発していった。

 また、目指す姿の実現に向けて、 4つのコンセプトをそれぞれ指標化し、ひろしまブランドに関わる事業と効果の関係について分析を行った。

BACK

その他の事例

  • 瀬戸内ブランド推進連合
  • 愛知県名古屋市
  • 長野県岡谷市
  • 愛知県小牧市
  • 北海道北広島市
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ
  • 愛知県岡崎市
  • 静岡県富士市
  • 栃木県宇都宮市
  • 愛知県小牧市
  • 広島県呉市
  • 長野県岡谷市
  • 新潟県長岡市

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーについてをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。