電通、スタートバーンおよび電通イノベーションイニシアティブと協働でNFT事業の構築支援サービスを開始

  • 事業・サービス

PDF(395KB)

2021年7月9日

ブロックチェーン活用によりコンテンツホルダーとファンとの新たな関係構築のために

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下:電通)は、電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」とアート作品のブロックチェーン流通基盤構築および証明書発行事業を手掛けるスタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井 泰平、以下:スタートバーン)と協働で、アニメやエンターテインメント、スポーツ領域などのコンテンツホルダーを対象に、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)事業の構築支援サービスを開発、本日より電通およびスタートバーンが提供を開始します。スタートバーンのブロックチェーン/NFTの技術と電通が長年培ってきたマーケティングの知見をかけあわせ、コンテンツホルダーやクリエイターとファンの新しい関係性、コミュニティーの構築を支援します。

 コピーが簡単なデジタルの分野にあって、NFTはブロックチェーン技術を活用して改ざんを防止し、コンテンツの所有者であることを証明でき、2次的、3次的な取引ごとに著作権者(制作者/アーティスト)に収益を還元できる仕組みが作れることから注目を集め、関連市場の拡大が見込まれています。しかし、各社のマーケットプレイス同士に互換性がなく、それらをまたいで当初の情報や設定ルールなどが継承されないなどの課題があります。この課題を解決し、さらにNFTを活用してよりよいコンテンツ体験を提供するため、スタートバーンとの協業による当サービスの提供に至りました。

 ファン心理やマーケティングに知見を持つ電通と、複数のマーケットプレイスを横断したアート作品の価値継承を支えるブロックチェーン基盤を提供するスタートバーンがタッグを組むことで、コンテンツホルダーとファンとの関係性がより良くなるようなユーザー体験の設計、NFT発行・販売の戦略策定、UI/UXデザイン、NFTの発行・販売に必要なシステムおよびインターフェイスの企画開発まで、NFT事業の構築に必要なサービスを一気通貫で提供します。また、コンテンツホルダーの持つコンテンツの特長や方針に合わせたNFT事業構築を支援します。

 電通およびスタートバーンは、ブロックチェーンの技術を活用することで、コンテンツの価値を守りながら、新しいファン体験や、コンテンツホルダーやクリエイターとファンとの新しい関係構築の支援を目指します。
<スタートバーンのNFTインフラシステムの特長>
①コンテンツを長期的に守り育むために重要な2次流通管理の仕組み
・発行者やコンテンツの情報に加え、利用規約や還元金の設定がサービスをまたいで継承可能

②ユーザー(ファン)に暗号通貨を意識させない仕組み
・ユーザー側でウォレットを準備する必要がなく、メールアドレスやSNSアカウントでログイン可能
・法定通貨で決済可能(ガス代は運営サービス側が肩代わり可能)

③安価でサステナブルな仕組み
・新たに「Polygon」を採用することで、取引コストおよび電力消費量を削減

④モノとの紐付け
・ICタグの技術を活用することで、デジタルだけでなくリアルなモノとNFTの情報の紐付けが可能
<電通の役割>
①NFTのUXデザインコンサルティング
 - NFT化する対象物のデザイン
 - NFTを保有することで得られる特別な体験や権利などのユーティリティーデザイン
 - サービスをまたいだNFTのユーティリティーデザイン
②コンテンツやブランドの世界観を大切にしたUIの企画開発
以上
このページに関するお問い合わせ先

【リリースに関する問い合わせ先】
 株式会社電通 広報局 広報部
        松島、曲山 TEL:03-6216-8041
        Email:koho@dentsu.co.jp

【事業に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コンテンツビジネス・デザイン・センター 
        武田、馬場
        Email:cbdc-info@dentsu.co.jp

 株式会社電通 スポーツビジネスマネジメント室 
        安渕、村木
        Email:sportsdx@dentsu.co.jp

ページTOPへ

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーについてをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。