名作、多数。

広告会社のクリエイティブパワーを測る尺度の一つに、各種広告賞での入賞数があります。
電通グループが制作した広告作品は国内をはじめ、カンヌ国際広告祭やアドフェストなど、海外においても多くの広告賞を受賞するなど、高く評価されています。その一部をご紹介します。

海外広告賞入賞数

グランプリ 金賞 銀賞 銅賞 その他の賞 合計
D&AD(英語サイト)*1 0 4 5 7 16
カンヌライオンズNew(英語サイト)*2 3 2 5 7 1 18
アドフェスト(英語サイト)*3 2 7 13 17 1 40
スパイクス・アジア(英語サイト) 6 7 11 8 32
ワンショー(英語サイト)*4 1 9 15 9 34

国内広告賞入賞数

グランプリ 金賞 銀賞 銅賞 その他の賞 合計
TCC*5 6 12 18
ADC賞*6 3 3
ACC*7 3 13.5 15 15.5 4 51
新聞広告賞*8 1 8 9
日本雑誌広告賞 3 3

数字は、直近の広告賞での入賞数です。

  1. Yellow Pencileを金賞、Graphite Pencileを銀賞、Wood Pencileを銅賞相当としています。
  2. Titanium Lions をその他の賞としています。
  3. LOTUS ROOTSをその他の賞としています。
  4. Best of Disciplineをグランプリ相当としています。
  5. 金銀銅賞の別はなく、TCC賞の受賞数になります。TCC審査委員長賞、TCC最高新人賞、TCC新人賞をその他の賞としています。
  6. 金銀銅賞の別はなく、ADC賞の受賞数になります。
  7. フィルム部門Aカテゴリーの地域賞、メディアクリエイティブ部門のエリア&コミュニティ賞をその他の賞としています。
  8. 新聞広告大賞をグランプリ、新聞広告賞を金賞、優秀賞と奨励賞を銀賞相当としています。

2022年7月1日現在