DE&I=Diversity,Equity and Inclution

プロジェクト発足の目的

視点・論点の多様性を実現することでイノベーションを図り、
継続的な事業成長を図ること。

2020年、電通グループは全社にて、Open Teamingを通じたIntegrated Growth Solutions、Integrated Social Solutionを目指すことを宣言しました。
その実現のため、情報・機会・リソースを全社員に対し公平かつ合理的配慮をもって提供されるよう、不均等を是正し、性別、年齢、国籍などあらゆる属性に関わらず相互に尊重し合います。そうして個性を発揮し、多様な視点・論点を社内で持つことで、より良いソリューションを社会に創造していく原動力とします。電通グループは、多様な人材が安心して発言できる業務環境を整えていきます。

数字で知る電通のDE&I

1 採用

採用した労働者に占める女性労働者の割合

男女別の採用における競争倍率(労働者の募集に対する応募者数を採用者数で除した数値)

労働者に占める女性労働者の割合

2 継続就業

男女の平均継続勤続年数の差異

3 働き方

男女の平均継続勤続年数の差異

4 管理職比率

管理職に占める女性労働者の割合

役員に占める女性の割合


一般事業主行動計画について

1 次世代育成支援対策推進法

目標:働き方、両立の制度整備を実施したことにより、今後は一層の社員周知を図る。
男女を問わず、育児・介護との両立に対する不安感を払しょくするため、より制度を利用しやすい環境を整備し、安心して仕事に取り組める環境を作る。

    (取組予定内容)
  • 育児休業中の代替人員施策について検討する(アルムナイ代替育休)
  • 子が生まれた男性社員に、育児関連の休暇・休業制度を周知する
  • 管理監督職を対象に、育児・介護を抱える社員の状況を周知し、取得できる休暇、制度等の理解を促す

計画期間:2020年1月1日~2022年12月31日(3年間)

2 女性活躍推進法

目標:管理職に占める女性割合を10%にする。

計画期間:2020年1月1日~2024年12月31日(5年間)