事業紹介
電通の事業をご紹介します。
IR情報
株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。
採用情報
株式会社電通の採用情報のご案内です。

それ、勝手な決めつけかもよ?
だれかの正解にしばられない「解釈」の練習

それ、勝手な決めつけかもよ?だれかの正解にしばられない「解釈」の練習

電通のコピーライター・阿部広太郎氏による著書『それ、勝手な決めつけかもよ?だれかの正解にしばられない「解釈」の練習』が、5月28日にディスカヴァー・トゥエンティワンより発売された。

本書は、先の見えない時代にあふれる不安や心配事を、「解釈」を変えることでやわらかく受け止め、自分の納得いく生き方をたぐり寄せるための一冊である。

コピーライターで、人気作詞家の著者だからこそできる、視点の変え方を具体的な事例とともに紹介。それにより、「周りの空気がこうだから自分もこうじゃなきゃいけない」、「みんながこうだからこういうものなんだ」という勝手な決めつけから、自分なりの解釈をすることで自由になれ、だれかの正解にしばられない生き方のヒントが得られるだろう。自分の人生や将来についてモヤモヤしていることがある、他人の意見を聞きすぎてしまう、やりたいことがわからない、というような人におすすめである。

  • 【主な目次】
  • 「はじめに」という名の「招待状」
  • 第1章 自分篇・自分の知らない自分と出会う
  • 第2章 現在篇・今こそ積極的な受け身を
  • 第3章 過去篇・「今思えば」は魔法の言葉
  • 第4章 未来篇・解釈する先に人は進める
  • 「おわりに」という名の「はじまり」
著 者 阿部広太郎
定 価 1650円(税込)
発行日 2021年5月28日
ISBNコード 978-4799327371
仕 様 単行本(ソフトカバー)・288頁
発 行 ディスカヴァー・トゥエンティワン

ページTOPへ

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーについてをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。