事業紹介
電通の事業をご紹介します。
IR情報
電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

アートシンキング
未知の領域が生まれるビジネス思考術

アートシンキング 未知の領域が生まれるビジネス思考術

MBA(経営学修士)であり、MFA(美術学修士)でもある著者のエイミー・ウィテカー氏は「Art Thinking (アートシンキング)」=「成果や評価、環境、才能、失敗、リスクというビジネスの実質的な限界を飛び越える“アーティスト的思考法”」が重要であると説く。ビジネス的思考が成果や結果を重視するのに対し、アーティスト的思考はその過程を重視する。そして“過程を無視しては結果を得ることができない”という考えの下、常に効率化を目指すビジネス的な思考から抜け出し、日常の中に創造的な思考に充てる「余白」時間を作ることの大切さを強調している。実際、3M、グーグル、ピクサー、ワービーパーカーなど世界的企業の成長の秘訣はアートシンキングの実践にあったという。

本書では分野を超えたさまざまな事例をもとに「アートシンキング」の問いから実践までを紹介している。また「日本版特別コンテンツ」として山口周氏の前書きをはじめ、ビジネスシーンをリードする日本人識者7人による興味深いアートシンキングの事例も掲載している。

アートシンキングとは

  • そもそも「これは実現可能か?」という問いを発すること
  • 今いるA地点から、未知のB地点を作り出すこと
  • 専門分野にとどまらず、広角レンズで世の中を見ること
  • 失敗しても大丈夫と自分に「失敗許可証」を与えること
  • 不安や孤独の中においても自分自身を心から信頼すること
  • マネジャーは「案内人」「同志」「プロデューサー」になること
  • 創造的スペース=「余白」を自分の中につくること
    (本書より)

著 者 エイミー・ウィテカー
翻 訳 不二淑子
編 集 電通 京都ビジネスアクセラレーションセンター
定 価 1,700円+税
発行日 2020年2月20日
ISBNコード 978-4596551474
仕 様 384頁
発 行 ハーパーコリンズ・ジャパン

ページTOPへ