事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

2014年 日本の広告費|インターネット

インターネット

インターネット広告費(媒体費+広告制作費)は1兆519億円(前年比112.1%)と推定される。

インターネット広告媒体費は、8,245億円(同114.5%)
このうち、運用型広告費※は、5,106億円(同123.9%)
インターネット広告媒体費を市場全体で見ると、スマートフォン市場の成長や動画広告、新しいテクノロジーを活用した広告配信の浸透が下支えし、前年を上回る伸び率を示した。市場の内訳を見ると、枠売り広告やアフィリエイト広告が堅調に推移し、運用型広告は大きく伸長した。
枠売り広告は、ポータルサイト中面のターゲティング商品が運用型広告に代替される動きが進んだものの、自社のブランディングを目的にした広告主のニーズに応える大型広告やリッチ広告の活用に加え、スマートフォン広告の活用、キュレーションメディアなどの新たなメディアの出現もあり、前年を上回った。
また、マーケティングニーズの細分化、ユーザーの接触メディアの分散化を受け、ジャンルを特化した各種専門サイトの活用が拡大、従来型タイアップやネイティブ広告、コンテンツマーケティングといった手法も根付き始めた。更にPC、スマートデバイスともに動画広告の活用など、多くの新しい動きが本格化した。
運用型広告費の多くを占める検索連動広告の市場は、PC検索の伸びは落ち着きを見せた中、スマートフォンやタブレット検索は大きく伸長し、全体では堅調に成長した。また、大きく伸びた領域のひとつに、DSP(広告主側からみた広告効果の最大化を支援するシステム)が挙げられる。リアルタイムの入札形式で、広く効率的に広告配信するこの手法が浸透した。DSPやSSP(媒体社側からみた広告効率の最大化を支援するシステム)などの普及・拡大により、各サイトが持つ広告在庫を広告主側に活用してもらいやすい環境も整った。更に、DMP(蓄積した様々なデータを分析・加工し、広告配信を最適化するシステム)を用いてDSP配信するなど、新たな取り組みも進んだ。

動画を展開する運用型広告は、広告主によるブランディング目的での活用を中心に拡大した。

(※)運用型広告とは、膨大なデータを処理するプラットフォームにより、広告の最適化を自動的もしくは即時的に支援する広告手法のこと。検索連動広告や一部のアドネットワークが含まれるほか、新しく登場してきたDSP/アドエクスチェンジ/SSPなどが典型例として挙げられる。なお、枠売り広告、タイアップ広告、アフィリエイト広告などは、運用型広告には含まれない。

インターネット広告制作費は、2,274億円(同104.4%)
案件数は増加したものの、前年に引き続き、大型キャンペーンの減少や制作単価の低下がみられたことから、成長率は前年の106.2%に比べ鈍化した。
スマートフォンのさらなる普及などにより、コーポレートサイト・ECサイト・会員サイトは、前年に引き続き成長した。これらのサイトは、企画/コンテンツ制作に留まらず、システム/プログラム開発、運用保守/効果検証まで中長期に渡るという特徴がある。


スマートフォンサイト

ページTOPへ